こんばんは、ショーンだ。

私が尊敬するギターの師匠Kelly SIMONZ(ケリー・サイモン)。

今夜はケリーを京都の自宅に招いて、すき焼きパーティだ。

師と過ごすひとときは、本当に有意義だ。

ビッキーを交えて、音楽、人生、仕事、アメリカ時代の話など、たっぷり語り合った。

ケリーと話すのは、本当に楽しい。

喋れば喋るほど、私はケリーの深い思惟や芸術性に感嘆する。

芸術家というか、芸術そのものが具現化された存在だと思う。

すき焼きのあとは、リビングルームで私のギターでたっぷり弾いてもらった。

ホント、人間技とは思えない超絶ぶり。

間近で見せてもらえるのは大変幸運なのだが、それにしても私の脳が混乱するぐらいの超絶さ。

「ここまで弾ける人がいるなんて!」

ケリーのギターを聴くと、ヒトという種が持つ可能性と、神秘を感じる。

芸術だ。

ケリーサイモン、今夜も感動と楽しいひとときをありがとう!!



SHAWN

0 Comments

Leave a reply

©2018 Shohokan

Log in with your credentials

Forgot your details?